ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

放蕩貴族 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
田舎牧師の娘メアリーが伯爵の御曹子イアン・シンクレアに初めて会ったのは、父の葬儀から二週間がたち、この先どうすればいいのか思い悩んでいたときだった。親友の公爵令嬢の家に身を寄せるか、それとも、資産家の子供に勉強を教える家庭教師になるか。財産も親戚もないメアリーにはそのふたつしか道はない。だからイアンのプロポーズは願ってもないことだった。だが、彼は“放蕩貴族”と呼ばれる、社交界でも有名な伊達男。容貌と家柄に恵まれた、ろくでなしの女たらしなのだ。それなのに彼の口づけを受けたとたん、メアリーは結婚を承諾した。身分の違いも、彼がときおり見せる悲痛な表情も気にならなかった。芽生えたばかりの情熱がすべてに打ち勝ち、イアンと結ばれることだけを願っていた。

内容(「MARC」データベースより)
田舎牧師の娘メアリーが伯爵の御曹司イアンに出会ったのは父の葬儀から2週間たち、今後の身の振り方に悩んでいたころだった。「放蕩貴族」と呼ばれ、社交界でも有名な伊達男のプロポーズを承諾し…。〈ソフトカバー〉

銀色に光る海で (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ファンは海辺の屋敷で家政婦として暮らしていた。しかし実は、失踪した父の跡を継ぎ、密輸団の頭領を務めている。ある日、屋敷に新しい主人がやってきた。海軍で武功を立て、巨万の富を手に入れた公爵家の次男、ジョージ・クレアモントだ。彼の姿を前にして突然湧きおこったときめきを、ファンは胸の奥底に追いやった。こんな思いを知られれば、自分の本性を白日のもとにさらすうえ、部下たちをも危険に陥れることになるのだから。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジャレット,ミランダ
ブラウン大学で美術史を学ぶ。二人目の子どもの産休中に初めて書いた作品をハーレクイン社に送ったことがきったけとなり、作家への道を歩み始めた。ゴールデン・リーフ賞受賞やRITA賞のファイナリストなど、数多くの実績を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貴婦人の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
整った容貌、優美な立ち姿、上品なふるまい―いまのエリザベスに、以前のさえない少女の面影を重ね合わせる人がどれだけいるだろう?かつてエリザベスの婚約者だったサー・リチャードもその例にもれず、友人の子爵の屋敷で会った美しい女性が彼女と知って驚いた。いや、驚いたばかりか憤りと嫉妬を覚えた。本来なら、エリザベスは彼のものになっていた女性だ。それをみすみす逃がしたとは一生の不覚。リチャードは決心した。彼女を妻にしよう、今度こそ。しかし、エリザベスは乗り気ではなかった。彼女には秘密があった。令嬢にはあるまじき秘密が、リチャードを愛するがゆえの大胆で奔放な過去が…。

Book Description
Marriage was the only option . . . Miss Elizabeth Beresford had become an heiress upon her grandmother's death. Her sister, Evadne, thought she was very clever when she engineered that Elizabeth would be trapped overnight in the cellars with Evadne's brother-in-law. Except that the plot misfired and it was Sir Richard Knightly who became entrapped with Elizabeth! Richard was not unwilling to marry, for Elizabeth had changed beautifully from the young girl he remembered. It was Elizabeth who was reluctant, for she loved him and there was something she couldn't tell him . . .
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

強引な求婚者 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
マリエッタは十八歳になっても結婚する気がなく、次々に現れる求婚者をことごとく断ってきた。継母のレディ・アリスは、そんなマリエッタにさじを投げ、十五歳になる実の娘エメリーンを先に結婚させようと考える。折しも、新しく獲得した荘園の隣に理想の結婚相手が…!ソースゲルド城の城主アラン卿の出現に、エメリーンとレディ・アリスは色めき立った。ところが、アラン卿が目をつけたのは、ほかならぬマリエッタだった。アラン卿は一目会ったそのときから、花嫁は彼女しかいないと直感したのだ。その直感に従って、彼は少々強引とも言えるやりかたで逃げるマリエッタに求婚しようとした。

内容(「MARC」データベースより)
縁談を断り続けるマリエッタに匙を投げた継母は、実の娘エメリーンを先に嫁がせようとする。理想の結婚相手、アラン卿の出現に色めき立つ継母とエメリーン。しかし彼が一目惚れしたのはマリエッタで…。〈ソフトカバー〉

報復は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
急死した姉マリアンの家を訪ね、ロンドンにやってきたベルは、貞淑な未亡人であるはずの姉が高級娼婦と知って、衝撃を受けた。しかもそこにフランシス・ケアリー卿と名乗る男が押しかけてきた。マリアンに熱をあげた彼の甥の代わりに、醜聞になりそうな手紙類を取り返しに来たという。妹も同じ娼婦と決めつけ、人を見下した傲慢な態度をとる彼に、ベルは憤りを覚えて、一芝居打って出た。姉の商売を引き継ぐには、一度あなたのような人を客に取りたい、ぜひ十日後来てほしい、と言ったのだ。フランシスは色めき立った。彼女が欲しくてたまらなかった。ところが約束の日、いそいそとベルを訪ねると、彼女は消えていた!フランシスは復讐を誓い、その二年後、絶好の機会が訪れた。名を変え、裕福に暮らすベルとの再会に、彼は誓いを新たにした。じわじわ報復してやると…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーシャル,ポーラ
イギリスはレスターに生まれ、ノッティンガムで育つ。勤め先の資料図書館で同じ司書の夫と出会い、結婚。三人目の子が学校に入ったのをきっかけに英語の臨時講師として働きはじめるが、その後再び大学で歴史を学び、学士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

処女の泉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ギルクライストが“処女の泉”のほとりで助けた女は、彼に新たなわざわいの種をもたらした。下着姿で倒れていた彼女は記憶を失い、名前もレイチェルとしかわからない。ギルクライストはデヴィッドソン一族の長として一刻も早く花嫁を迎える必要があった。それなのに、素性も知れぬ彼女のことがどうしても忘れられなくなったのだ。漆黒の髪、透き通るような肌、薔薇色の頬―貴婦人のようだが、娼婦かもしれない女。レイチェルをわがものにすることは、確実に彼の地位を脅かす。しかも、右半身にひどい火傷を負った彼は、いまや剣を持つのもままならない。だが、何をするにしても遅すぎる。ギルクライストはまちがいなく恋に落ちていたのだから。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブラウン,デブラ・リー
1997年からロマンス小説家を志し、本作「処女の泉」がデビュー作となる。地質学者として北極で働いた経験があり、アルプスやシエラ・ネヴァダ山脈をたびたび訪れる冒険好き。カリフォルニア州出身で、頑固なスコットランド人の夫と大型犬オールド・イングリッシュ・マスチフが創作意欲を刺激する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

伯爵令嬢の憂鬱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
伯爵の末娘のジェインは厳しくしつけられ、自分の意見や感情も素直に表すことを許されない。そんな鬱々とした思いを抱えた生活も、キャリントン医師が現れて一変した。いとこの幼なじみだという彼は、このうえなく無作法で、ジェインのことを世間知らずのお嬢さまと決めてかかる。しかしその毒舌とは裏腹に、彼女の捻挫を診療する優しい手つきは、ジェインに不思議な胸騒ぎを引き起こした。間違いない。謎と魅惑に包まれた彼は、決してかかわってはいけないたぐいの人間だ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アシュリー,アン
イギリス中部レスターシャーで生まれ育つ。幼い息子たちを寝かしつけるときに役立った物語を作る才能が、歴史ロマンス小説の分野でも開花した。現在は夫と二人の息子とともにイギリス西南部に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

塔を守る貴婦人―中世 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジュリアナは今日も剣を携えて森へ出かけた。一年前、城主だった父を亡くし、それ以来、男装して領地を守っているのだ。森は血と陰謀の匂いに満ち、闇夜にまぎれて密偵たちが馬を駆る。ジュリアナはひづめの音に耳をすまし、さっと身がまえた。誰かいる。敵だろうか、味方だろうか?彼女は部下を引き連れ、人影に近づいた。月明かりが蒼白の騎士の顔を照らしだした。

内容(「MARC」データベースより)
ジュリアナは今日も剣を携えて森へ出かけた。1年前、城主だった父を亡くし、それ以来男装して領地を守っているのだ。ひづめの音に身がまえたジュリアナ。人影に近づくと、月明かりが蒼白の騎士の顔を照らしだした-。

逃げた相続人―愛と称号と財産と〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リュートの奏でる柔らかな旋律、明るい日差し…。体を這うやさしい手と唇の感触…あれは誰だろう?それに、ここはどこ?そのとき、ロザリンは目を覚ました。すぐ間近に微笑む男の顔が―見知らぬ美しい男の顔があった。驚いて悲鳴をあげると同時に、昨夜のことを思い出した。彼女を鞭打つ残酷で凶暴な叔父から領地を取り戻すため、そして獣のような男との結婚から逃れるため、城を抜け出したことを。だが、現実は甘くはなかった。宿屋で酔客に絡まれたところをこの男に助けられたのだ。でもまさか…こんなことになるなんて!ロザリンは一糸まとわぬ自分の姿に動転していた。そこへヒュー・コルドウェルと名乗る男が追い討ちをかけた。「君は覚えていないのかい、僕たちが共に過ごした熱い夜を?」。

黒い豹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
時は1792年、ところはパリ。革命から三年がたち、王制を廃止して共和制となったフランスは混乱状態に陥っていた。人民裁判によって、罪のない囚人がギロチンで処刑され、貴族たちが暴力的な市民たちに命を狙われる。18歳のデュモン伯爵令嬢も、田舎の屋敷を追われて忠実な侍女テレーズとともにパリ市内に入った。ガブリエルと名を変え、お針子として働きながら、どこかに投獄されているらしい父を捜すつもりだった。街は、いわば無法地帯。若く美しい娘は、危険も多い。パリに来て初めての夜、さっそく面倒が持ち上がった。宿屋の中庭で酔漢に襲われ、ひときわ体の大きな男に救われたのだ。だが、助けてくれた男を見て、ガブリエルは背筋が寒くなった。まるで豹だわ…黒い豹。どうしてわたしをあんな目で見るの―。

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]

ooo日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 葛飾区を知れ!ooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo ジューシーな肉料理ooo おいしいくだものメニューooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo もっと知りたい!練馬区ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo ガシャポン戦死!ooo AV・カメラ・PCooo 千葉県の重要文化財一覧ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo IIS設定備忘録ooo ネット証券比較っすooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo 中野区居住化計画ooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo